グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも関節によい作用があるとして有名になりました。しかし、この二つの成分は何がどう違うのでしょうか?そして、一緒に摂取することがすすめられているのはなぜなのでしょうか?

ここでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いやそれぞれの効果、そして同時に摂取した時に期待できる効果などをお伝えします。

グルコサミンとコンドロイチンはどう違う?

グルコサミンとコンドロイチンは混同されがちですが、成分としては少し違います。コンドロイチンが軟骨を構成する成分であるのに対し、グルコサミンはその軟骨を構成する成分を作るもととなるもの。

関節炎や関節痛の治療において、グルコサミンとコンドロイチンが同時に使用されることがありますが、その理由は、効果は似ていても作用の仕方や成分が違っているためなのです。