グルコサミンとコンドロイチンの違いは?

関節痛の緩和に効果的とされているグルコサミンとコンドロイチン。テレビのコマーシャルなどでもよく耳にしますが、それぞれの成分はどう違うのか、くわしく知っている人は少ないかもしれませんね。

ここでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いについて見ていきましょう。

成分として違う、グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンは、アミノ糖といわれる物質で、軟骨を構成するムコ多糖類を生成しています。一方、コンドロイチンはそのムコ多糖類の一種であり、軟骨の中に多く含まれています。

つまり、コンドロイチンが軟骨成分そのものであるのに対し、グルコサミンはコンドロイチンを作りだし、軟骨の再生や修復をサポートするはたらきがあるものなのです。

グルコサミンとコンドロイチン、それぞれの作用

コンドロイチンには、軟骨を直接再生する作用はありません。しかし、軟骨の分解を阻止し、関節がスムースに動くようにサポートをしてくれる大切なはたらきがあります。一方、グルコサミンはコンドロイチンやヒアルロン酸といった軟骨成分を生成する原料となるため、軟骨の再生を促していると考えられています。

グルコサミンとコンドロイチンは、物質として違うだけでなく、軟骨への作用の仕方が違っているため、同時に摂取することでそれぞれの効果が得られ、関節痛の軽減を図ることができるとされています。