グルコサミンにはどんなはたらきがある?

関節痛に効くといえばグルコサミンという言葉が浮かぶほど、今ではグルコサミンはメジャーな存在になりました。グルコサミンは、軟骨の再生と修復をサポートして、関節痛をやわらげるとして、人気が高まっています。

ここでは、グルコサミンがもたらす作用や効果などについて、くわしくまとめました。

グルコサミンの特徴と役割

グルコサミンは、アミノ酸とグルコース(ブドウ糖)が結合したもので、アミノ糖の一種です。主に動物の軟骨に多く含まれているほか、甲殻類の殻や、クロコウジカビなどの一部の真菌にも存在していますが、サプリに含まれるグルコサミンは、主にカニやエビの殻を原料としています。

グルコサミンは、関節のクッションとなる軟骨を構成する成分を作る原料となるもので、もともとは人間の体の中にもあるもの。しかし、加齢とともに減ってしまいます。年を取ると関節に痛みや腫れが出てくるのは、グルコサミンが減少して軟骨がすり減ってしまうためなのです。

グルコサミンの効果

年齢を重ねるとともに減っていくグルコサミンは、食事から補うのが難しいため、サプリを利用することがすすめられています。グルコサミンを摂取すると軟骨の再生がサポートされ、軟骨を保護することができるため、関節痛を軽減して、動きをスムースにする効果があるとされているのです。

また、最近の研究では、グルコサミンに抗炎症作用や血栓予防効果があるのではないかということもわかってきました。関節痛の緩和と健康維持に大きな役割を果たすとして、グルコサミンにはますます期待が高まっています。